読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ええやん姫路ぷらす

姫路城だけちゃうで姫路は!姫路市を盛り上げるメンバーで集まったブログ

スポンサーリンク

柔軟すぎる、はりま唯一のエリア情報誌「まるはり」とは?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

にゃりーん、とめきちです。

 

ちょっと藍ちゃんの真似してみました。

 

はい、どん!

f:id:tome8008:20160708112912j:plain

そうです、みなさんご存知の『まるはり』、今日はまるはりについてのご紹介です。

 

ちなみにHPでまるはりを調べてみますと、

まるはりエクスプレスは、街の情報を知るには欠かせない情報を徹底取材。 地元はりまのグルメやスポット、イベント、ショップなどの最新情報をおとどけ! 口コミ情報から穴場情報まで、地元はりまの情報ならまるはりを読めば全て分かる!

 

そう、はりま地区唯一の「ザ・地域情報誌」なのです。

 

こうした地域情報誌は各地に存在するのですが、まるはりは他紙と大きく違う点がたくさんあります。

 

●その1. 月刊発売をあっさり辞めた

通常地域情報誌と言えば「月刊発売」が一般ですが、まるはりは2010年頃にあっさりと月刊発売をやめました。月刊発売を辞めると「経営がしんどいのかな?」と勘繰ってしまいますが、まるはりは全くそうではありません。

発売を2月、4月、6月、8月、10月、12月の隔月にし、

1月、3月、5月、7月、9月、11月の奇数月は「いつまでも使えるムック本」の作成に力を入れたのです。

f:id:tome8008:20160708124817j:plain

 

その結果隔月ごとの新鮮な情報と、いつまでも使えるムック特集本がうまく噛み合い、業績はますます飛躍しました。限られた取材陣を有効に使ったんですねー。

 

●その2. 新しい企画が目白押し

毎月と言っていいほど新しい企画が登場します。1年前の紙面を見ると、ほとんどの企画が入れ替わっている(笑)つまり、常に新しいトレンドを発信しています。

 

ちなみに最新号の新企画は「原寸大で見せるかき氷、パフェ、アイス!」

f:id:tome8008:20160708124934j:plain

 この「原寸大で見せる!」が新たなアイデアなんです。

また求人ページや、企業紹介ページなど、常に読者が興味を持ちそうな話題をキャッチしています。

 

また今月はみなさんが待望の「はりまの花火スケジュール」も掲載!

f:id:tome8008:20160708125445j:plain

あっ、まるはりさん無断掲載ごめんなさい。。(買って読んでね!)

 

f:id:tome8008:20160708125554j:plain

地域を盛り上げるという意味で、ラーメン番組の連動コラムでもお世話にになっています。

 

●その3 ほとんどの書店コンビニで置いている。

書店は平積み、コンビニもはりまエリアのコンビニではほとんど置いています(売り切れの場合あり)まさにはりまの「少年ジャンプ」です。(※マンガではありませんが)

ほかにも播州の読者モデルさんを起用したり、イベント情報も満載のまるはり。

 

はりま・姫路の情報はこの『まるはり』と『ええやん姫路』があればもうええやん!

 

とめきちFacebookページ↓

https://www.facebook.com/kenichi.yoshitome